未分類」カテゴリーアーカイブ

■人材育成のポイント:見通しをつけること

     1 人材育成する人を選ぶ 前回、業務の見直しでも人材育成でも、変化の反応を見ることが最重要だという話をしました。それに関連することですが、その前の段階があることを書いておきます。みなさんおやりのことでしょう。人 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■業務の見直し、あるいは人材育成のポイント:信号の受信

     1 体の反応 連日暑い日が続いています。複数の講座のテキストを新たに作るために、資料探しにあちこち回っていました。熱中症にならないようにと、水分も供給し、しばしば冷房のある本屋さんで本を探したり、気をつけていた … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■人材育成の仕組み:目指すターゲットとそのための準備

      1 育成は大変なこと ある程度の経験を持つ人が新しいことを習得しようとして努力するときと、新人の人との習得の早さの違いが問題になることがあります。普通なら新人の方が習得が早くて、経験者は遅いのだろうと思うこと … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■ビジョンの形成:ヒルティと清水幾太郎の考えから

      1 なかなか守れないヒルティの教え いまいくつかの講座のテキストを並行して作っています。締切が近づいてくると、だんだん一つに絞っていきますが、そうでない間は、あれこれ手を出しながら進めていくのが、ここしばらく … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■現代の文章:日本語文法講義 第23回概要 「主題と主語:ハとガの関係」その2

       4 主題に関する河野の原則 河野六郎の主題に関係する原則を整理しておきます(p.106 『日本列島の言語』)。 [1] 【主題(thema)】とその【説明(rhema)】による心理的な表現秩序[2] 【主語 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■現代の文章:日本語文法講義 第23回概要 「主題と主語:ハとガの関係」その1

*連載はこちら        1 「主語-述語」と「主題-解説」の併用 前回、助詞の「は・が」と「既知・未知」の関係について記しました。既知ならば「は」が接続し、未知ならば「が」が接続するというものでした。きわめてシンプ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■小松英雄の大野晋批判

      1 有名な学者だった大野晋 先日、連載の22回目を書きました。そこで大野晋の『日本語文法を考える』の「既知・未知」の章を取り上げています。連載21回で「既知・未知」について書いていましたが、大野の本に触れない … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■現代の文章:日本語文法講義 第22回概要 「河野六郎の主張する単肢言語」

*連載はこちら           1 「既知・は」「未知・が」の破綻 「既知と未知」を「は・が」と結びつける考え方は、もはや日本語の文法学界でも否定的に扱われるようになりました。もともと無理な考えでしたが、1980年代 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■「専門家の失敗」:デジタル化のトレンド変化の事例

       1 LINEを使う組織 少し前から、社内での連絡にLINEを使い組織が増えてきました。セキュリティの関係から、使用禁止にしている組織もあるでしょう。しかし使っている組織の人たちは、もし万一これが外に漏れても … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■司馬遼太郎の明治陸軍の一筆書き:価値評価の必要性

      1 戦術立案の条件 司馬は『司馬遼太郎 歴史のなかの邂逅』第4巻で、戦術について記しています。[もし戦術というものが精密な計算を第一過程としてしかもそれから離れて成立する芸術的直観力の世界であるとすれば]とい … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする