未分類」カテゴリーアーカイブ

■日本語の基本パターン:「誰・何・どこ・いつ」と「は・が・を・に・で」

      1 形式的パターンが内容に先立つ 私たちは言葉を話すとき、特別意識して話してはいません。ある種のパターンが身についてしまえば、そう苦労なく、形式に当てはめることが出来てしまっているようです。そうなってしまえば … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■日本語の文法分析の基礎:助詞「は・が・を・に・で」

     1 小学生が文法分析をするフランス 日本語を外国語のように扱うように主張したのは清水幾太郎でした。『論文の書き方』の中で、フランスの事例をあげています。フランスでは小学生の時に「フランス語」という授業があって、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■数字のセンスについて:新型コロナの感染者数を事例にして

      1 理系は数字に強いのか 文系、理系という分け方に、ときどき戸惑いを覚えることがあります。文系だろうが理系だろうが、経済指標を見るのは当たり前ですし、企業の決算から始まって、ビジネスでは数字がわからなかったら … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■文章チェックの基本とその方法:文章チェック講座を終えて

      1 文章構成・センテンス・内容が問題 文章チェック講座を行ってきました。おおぜいの方に参加していただいて感謝しています。オンラインと会場とのハイブリッド講座になりました。会場での受講者は少数派です。現時点では … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■プロフェッショナル人材育成の参考書:イェフディ・メニューイン著『ヴァイオリンを愛する友へ』

     1 ヴァイオリンの天才:メニューヒン ヴァイオリニストのメニューヒンをご存知の人がいると思います。クラシック音楽が好きな人なら、この人の演奏録音を聞いているでしょう。天才的なヴァイオリニストの一人です。ありがた … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■日本語の構造を決める「意味概念」:品詞よりも優先すべきもの

      1 一言で表現できない概念 私たちは文章を読み書きするときに、意識せずに案外めんどうなことを自然に処理しているようです。「ある」と「いる」の使い分けを聞いてみると、たいていの人はどういう言い方にしたらよいかと … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■少数にすると精鋭になるということ:少子化に期待する理由

      1 少数になって精鋭化した事例 少数精鋭という言葉があります。少人数の精鋭たちを集めたということです。これが少数にすると、精鋭になるという意味をも持つようになっています。再建王と言われた坪内寿夫が1980年代 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■宮崎市定と横光利一の『旅愁』:歴史の発想について

     1 大戦の中間期に特有な煩悶 おそらく横光利一の『旅愁』という小説を読む人は、もうほとんどいないでしょう。この小説を読んで大切にしている人間にとって、宮崎市定の支持は心強いものです。絶賛といっていいほどの褒め方 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■文章チェックという方法:判断の素材としての文章

       1 文章チェック講座の定番化 本音がどこにあるのかを確認するときに、文章による確認は、かなり有効な方法であることが知られています。本当に言いたいのは、何であるのか、そのあたりを探ることが王道でしょう。同時に … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■梅棹忠夫『文明の生態史観』とモンゴル帝国

      1 衝撃的だった「文明の生態史観」 梅棹忠夫の『文明の生態史観』は重要な書物と扱われているようです。『新・現代歴史学の名著』にも取り上げられています。樺山紘一は、最初の論文が1957年に[掲載されたとき、日本 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする