1 暗黙知を基礎にする知識創造理論 一時期、暗黙知を形式知にということが言われました。野中郁次郎の影響が大きかったのでしょう。「『失敗の本質』を語る」でも、暗黙知について語っています。この本は2022年のものですから、その後の批判も考慮した内容のはずで …

■野中郁次郎による暗黙知の定義:脳の研究との齟齬 続きを »

       1 色相環の色区分 基本色という概念は、あんがい曖昧で、アテにならないというお話をしました。私が見たテキストでは基本色が10色選ばれていました。色相環をどう区分するかについて、書きませんでしたが、多くの場合、色相環は20色か24色かに区分されています …

■色相環、三原色、基本色:再び色について 続きを »

       1 3原色 3原色というものがあります。光の3原色ならば「赤・緑・青」になるでしょう。これらの3色を混ぜると、白になります。最近は3原色というと、光の3原色を言う人が増えてきました。色の3原色はまた別にありますが、こちらは答えにくいのでしょう。 かつ …

■基本色というもの:油絵の具での事例 続きを »

      1 日本的資本主義の精神 マックス・ヴェーバーの『プロテスタンティズムと資本主義の精神』という本は、社会科学の名著と言われています。こうしたプロテスタンティズムに当たるものが、日本にはあるのでしょうか。日本的資本主義の精神とはどんなものなのか、気になる …

■日本的資本主義の精神のヒント:歴史からのアプローチ『徳川が作った先進国日本』 続きを »

      1 約200万部のベストセラー 大野晋の『日本語練習帳』は、およそ200万部売れたベストセラーでした。私も持っています。日本語に関係する本の中でも、飛び抜けて売れた代表的な本のひとつに違いありません。少し前に久しぶりに手に取ってみて、内容とは別に、大胆 …

■ベストセラーのつくり方:大野晋『日本語練習帳』の工夫 続きを »

       1 本が読めないことに気づいた若者 やっと定時で帰ることが出来るようになった若い会社員が、自分の能力低下に驚いたらしくて、相談してきました。あまりに忙しくてイライラが募って、穏やかな性格の人が、甘えもあったのか家族に暴言を吐いたようです。これがきっか …

■本が読めないという相談に対して:いかに集中をとりもどすかの問題 続きを »

      1 インターネットでのつながり方 糸井重里の『インターネット的』という本は、名著と言われた本でした。いまも、そういう扱いかも知れません。「まるで、予言の書!」という帯がついていました。2001年に出た本です。前半で、インターネットの特徴が記されています …

■インターネットの限界まで記していた糸井重里の『インターネット的』 続きを »

       1 大学院の入試問題 堀米庸三は『西洋と日本』所収の「ヨーロッパとは何か」という講演録で、大学院の入試問題を提示しています。「ギリシア・ローマの古典古代史はなぜヨーロッパ史の第一章を成すか」という問題です。はじめから正解が書けるとは思っていなかったよ …

■ギリシア・ローマ古代史はなぜヨーロッパ史の第一章をなすか:堀米庸三の問題と解答 続きを »

       1 日本人の美意識の特質 高階秀爾(タカシナ・シュウジ)は『日本美術を見る眼』の「日本美の個性」で、何を美しいと感じてきたのかを論じます。日本語の「うつくし」はもともと小さなもの、かわいいものに対して使われたものでした。大野晋の『日本語の年輪』から …

■日本人の美意識と西欧人の美意識:高階秀爾『日本美術を見る眼』から 続きを »

      1 漢字が読めなくて驚く 手書きが好きなほうだと思っていましたが、知らないうちに、パソコンで入力する方が圧倒的に多くなってきました。パソコン入力のほうが早くて、保存も簡単なため、あとの利用も楽です。文章や記録をつけるときに、パソコンなしということは考え …

■アナログ的な読み書きという行為:電子化とのバランス 続きを »