1 生成AIと人間の相性 人間は、すべてのデータや情報が集まってない状況下で、かなり正しい判断が出来る、これが人間の人間的な能力であると、ウィナーが言っていました。定型的な文書ならAIが文書生成してくれるようになります。今後、まずまず良いものになってく …

■人間の読み書きの方法とAIのアルゴリズム 続きを »

       1 理解のためのテキスト 勉強会を開きました。企画を出すための勉強会です。そのためにいくつかのテキストを指定して、読んでおいてくださいということになりました。実際に企画を出さなくてはいけませんから、まじめな対応になります。当然、すぐに購入して読んでい …

■資料を読みこむ理由:自分の問題を解決するための触媒 続きを »

       1 生成AIの利用が前提の時代 読売新聞オンラインに面白い記事(3月6日付)がありました。「中学1年生250人の半数超、理科の課題で同じ間違い」というものです。課題に対して、生成AIの「誤答」を書き写したとのことでした。すでに起こった未来と言えるかも …

■生成AIの技術進歩と人間の役割:自分の頭を使うことが求められる時代 続きを »

      1 「倭の奴国」「倭国王」「倭国」の「倭」 ある時、これは国語の問題だと思うことがあります。いわゆる一番基礎にある読み方のところで違いが出ていると感じることがあるのです。いったん適切だと思える読み方が提示されてしまうと、基礎にかかわるところだけに決定的 …

■国語の問題:最重要視されるべき基礎的理解 続きを »

      1 中国経済のバブル崩壊 安達誠司『中国経済はどこまで崩壊するのか』は、2016年に書かれた本です。いまから読むほうが、興味深いかもしれません。以前に読んだ時、あれれと思うところのある本でした。しかし世の中の一般的な考え方がどうであったのか、かつてを知 …

■悲観的予測にもかかわらず中国に投資した理由:安達誠司『中国経済はどこまで崩壊するのか』から 続きを »

      1 画家との会話 先日、今後が期待される画家とお話をしました。国内での成功は、たびたびのことですが、まだ海外で個展をやっていないということでした。そろそろかなというお考えのようです。そう遠くないうちに、海外からのお話が来るかもしれません。 海外からお話 …

■成果を決める要因:画家との会話をきっかけに 続きを »

        1 反応がおこるのに必要な水準 閾値(イキチ/シキイチ)という用語があります。反応が起こるのに必要な水準のことです。障碍者の会にいたときに、薬の効き方に、これほど個人差があるのかと思ったことがあります。わずかな薬で十分なほど反応がある人がいる一方、 …

■閾値の発想:飛躍のために必要な仕掛けについて 続きを »

       1 アマゾンという会社を理解するために必読の12冊 Amazonを創業したジェフ・ベソスの愛読書が『ジェフ・ベソス 果てなき野望』の「付録」に掲載されています。[アマゾンという会社を理解するために必読の12冊]とのことです。最初にあげられていたのがカ …

■ジェフ・ベソスの愛読書12冊:『ジェフ・ベソス 果てなき野望』から 続きを »