■堺屋太一のプロデュース「成功の方程式」 2/2

 

1 プロデューサーが描くべき基本構想

堺屋太一のプロデュース法は10段階からなります。(1)目的を明確にして共有し、(2)コンセプトを確立し、(3)全体イメージをストーリーに描く。(4)それを知らしめるためにシンボルを立てる。(5)黒字化するために全体計画を練ること。ここまでが前半です。 続きを読む

カテゴリー: マネジメント | コメントする

■堺屋太一のプロデュース「成功の方程式」 1/2

続きを読む

カテゴリー: マネジメント | コメントする

■『論語』をどう読むか:古典と向かい合うとき

続きを読む

カテゴリー: , 読解 | コメントする

■マニュアル作成の指導者のいない組織:操作マニュアル講座を終えて

続きを読む

カテゴリー: 操作マニュアル | コメントする

■マーケティングの基本と私法の基本構造:「誰が・誰に対して・何を・どのように」

続きを読む

カテゴリー: マネジメント | コメントする

■シュンペーター理論の意義:「良い経済学」の条件

続きを読む

カテゴリー: マネジメント | コメントする

■シュンペーター理論のユーザー:経済学より広い適応領域

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■松下幸之助の講演録:『経営にもダムのゆとり』

続きを読む

カテゴリー: マネジメント | コメントする

■ビジネスと文章の近代化

続きを読む

カテゴリー: 文章, 日本語のバイエル | コメントする

■安崎暁(あんざき・さとる) コマツ元社長のこと

続きを読む

カテゴリー: マネジメント | コメントする