■文章の幹と枝の関係:後ろに重点が置かれる日本語の構造

 

1 文末の重要性

ほとんどの人が知っている日本語の基本文型があります。「いつ・どこで・誰が・何を・どうした」というものです。どこかで聞いたことがあるでしょう。「いつ・どこで」が条件の提示にあたります。条件がつかない文型なら、「誰が・何を、どうした」です。 続きを読む

カテゴリー: 日本語のバイエル | コメントする

■「です・ます」「である・だ」の使い分け:「名詞文/形容詞文/動詞文」への疑問

続きを読む

カテゴリー: 日本語のバイエル | コメントする

■営業マニュアル:業務マニュアルとOJT

続きを読む

カテゴリー: OJT・教育用マニュアル | コメントする

■日本語のバイエル再び:新たな質問に答えて

続きを読む

カテゴリー: 日本語のバイエル | コメントする

■図解講座について:トレンドの変化

続きを読む

カテゴリー: 図解 | コメントする

■作家の文章ルール:阿川弘之と倉橋由美子

続きを読む

カテゴリー: 文章 | コメントする

■堺屋太一『知価革命』のエッセンス

続きを読む

カテゴリー: マネジメント | コメントする

■日本語のバイエル:ロシアからのメール 続き

続きを読む

カテゴリー: 日本語のバイエル | コメントする

■日本語のバイエル:ロシアからのメール

続きを読む

カテゴリー: 日本語のバイエル | コメントする

■堺屋太一による「知価革命」のエッセンス:『大激震』から

続きを読む

カテゴリー: マネジメント, | コメントする