研修

 

何が得られれば、研修は成功といえるでしょうか?

まず「何を目的に研修を行うのか」「どうなったら成功と言えるのか」を決めます。

これらを具体化した「成果目標」にします。
たとえば次のようなものです。

・業務フローの書き方が身につくこと
・自社のある部門の業務マニュアルが作れること
・操作マニュアルのつくり方がわかること
・自社製品の操作を習得してもらう教育プログラムを作ること
・自社の文書を標準化するときの基本的な方法を知ること
・OJTマニュアルを実際に作って、その場で直していくこと
・参加者各自の文章が目に見えてレベルアップすること

こうした成果目標を決めてから、研修プログラムを作ります。
受講者が参画して作るプログラムです。

そのため成果が○×でわかります。