1 メモを再現可能にする方法 何か文章を書こうとする人に対して、しばしばメモを取ったほうがよいというアドバイスがなされます。たとえば宮家邦彦は『ハイブリッド外交官の仕事術』で、すべては[小さなヒントを丹念にメモすることから始まった](p.125)と記し …

■メモは実力を反映する:発見・思考の検証ツール 続きを »

       1 リーダーたちの3つの受講目的 19日に文章チェック講座を行ってきました。この時期におおぜいの方がご参加くださって、感謝しています。リーダーの人達がどうやって文章チェックをしていけばよいのか、何か参考になることがあったなら幸いです。講義をすると、毎 …

■文書の標準化について:文章チェック講座を終えて 続きを »

       1 参考になるドラッカーの執筆方法 何とか締め切りまでにテキストを提出しました。毎回、かなりの改定をするので、それなりに苦労しています。今回は、全面的な見直しですので、一度完全に作り直してから、前のものとのすり合わせをすることになりました。全体的な統 …

■ドラッカーの文章の書き方:『知の巨人 ドラッカー自伝』から 続きを »

      1 AI化によるビジネスの変化 文章チェック講座を今月19日に行います。文章のチェックが大切だと考える人たちが増えてきました。今後も、この流れは変わらないだろうと思います。ビジネスでの情報の流れは文書によってなされていましたから、もともと重要性は高かっ …

■文章チェックの意義とアプローチ 続きを »

       1 お勧めしたい勉強法 小澤征爾という存在がいなくなって、がっくりすることが何度かありました。特別なファンというわけではありませんから、意外なことです。日本人の音楽家で、圧倒的な存在だったことは間違いありません。後に続く人は簡単に出てこないのでしょう …

■圧倒的な成功をもたらしたもの:中野雄『小澤征爾 覇者の法則』から 続きを »

       1 思考とは本能的な欲動 思考というのは、どういうものであるのか、明確に語ることは難しいことです。『エマニュエル・トッドの思考地図』で、トッドは[思考そのものはとっさの行為、自然発生的な行為です](p.30)と語っています。定義したのではなく、その現 …

■思考と執筆:『エマニュエル・トッドの思考地図』から 続きを »

        1 小澤征爾と「斎藤メソッド」 小澤征爾氏が2024年2月6日に88歳で亡くなりました。最近の若者のなかには、この世界的な指揮者の名前を知らない人もいます。クラシック音楽の演奏家で、世界的に活躍する人がいても、もはやそうめずらしいことではありません …

■小澤征爾の時代:「斎藤メソッド」とオペラの壁 続きを »

       1 金印は怪しい 「漢委奴國王」の金印は本物であるらしいという話を聞いたことがあると思います。教科書でも本物を前提にしたお話になっていました。参考書でも本物だという扱いです。ところが、たぶん偽物でしょうという声がだんだん強くなってきています。 いまさ …

■「漢委奴國王」の金印は本物か?:「全体としての適切さ」からの判定 続きを »

       1 論争で黒白をつけた方法 論争というものは、必ずしも生産的ではありません。それによって成果を上げるのは、相当難しいという印象があります。宮﨑市定も[立派な論争もあると同時に][鼻持ちならぬ醜論争も行われた]と記していました(『宮﨑市定全集24』p. …

■ビジネスでも使える全体最適の方法:宮崎市定の「文献学的方法」 続きを »

         1 脳とコンピューターの学習法の違い AIが急速な発達・発展を遂げています。文章の要約を自動生成するなど、ビジネスにも大きな影響があることは、もはや間違いないでしょう。機械化によって、いわゆる肉体労働が根底から変わったように、大きな変化をもたらす …

■連想性の学習による「自己組織化」:松本元の講義から 続きを »