投稿者「丸山有彦」のアーカイブ

■連載「現代の文章:日本語文法講座」のひと区切り

       1 30回目の連載「現代の日本語の文章の登場:その目的・目標・手段 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■主題概念で文を把握することのリスク:「アミラーゼ問題」から見える問題

       1 強くなってきた通説の影響力 日本語文法の通説的な見解では、「主 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■「主体」と「主題」どちらが上位概念なのか:日本語文法の基本的問題

        1 記述の有無でなく、わかるかどうか 日本語のセンテンスでは、文 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■「計画におけるグレシャムの法則」を考えた業務の構築

      1 重要な人間性の原則 記録をすると、客観的な判断ができるという話を … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■記述すること:仕事の原則

       1 新しいことをするときの抵抗感 仕事をするときに、人間性を無視し … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■業務の全体最適を考える方法:業務の現状と業務フロー

      1 全体最適を意識しすぎる傾向 業務を分析しようとするときに、しばし … 続きを読む

カテゴリー: 業務 | コメントする

■知的生産の技術と業務マニュアル

      1 「知的生産の技術」の目的 梅棹忠夫の『知的生産の技術』は1969 … 続きを読む

カテゴリー: 業務 | コメントする

■主題概念の問題点:主体を意識する必要についての説明を補足

      1 主題概念での説明 昨日「文を主題概念で捉えることの問題点:日本語 … 続きを読む

カテゴリー: 日本語 | コメントする

■文を主題概念で捉えることの問題点:日本語文法の忘れ物

       1 主題概念と主語概念 1990年以降に出た日本語文法書の場合、た … 続きを読む

カテゴリー: 日本語 | コメントする

■形容動詞をめぐる問題:ナノ体言の「ナ名詞」と「ノ名詞」

        1 学校文法の形容動詞 形容動詞という言葉を聞いたことがあると思 … 続きを読む

カテゴリー: 日本語 | コメントする