検索結果: 助詞

■助詞「は」と「が」の違い、使い分けについて

     1 既知と未知での説明 日本語に主語があるのかどうか、主語の定義次第だということになります。日本語の名詞の定義も、それに絡んでくるはずです。さらに言えば、述語の概念も明確とは言えません。なんだか個々についてあれ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■強調の助詞「は」:例文「イギリスの会社は多くが苦労するはずです」

カテゴリー: 文章, 日本語のバイエル | コメントする

■助詞「に」と「と」:機能の違いについて

カテゴリー: 日本語のバイエル | コメントする

■助詞「に」と「へ」の違い

カテゴリー: 日本語のバイエル | コメントする

■逆説でない助詞「が」

カテゴリー: 日本語のバイエル | コメントする

■助詞の機能:「目的」と「手段」

カテゴリー: 日本語のバイエル | コメントする

■大野晋のあげた日本語の特質:その2

     4 アルタイ語に属する日本語の特質 大野晋の本は、文法に焦点を当てた本ではありませんでした。全体の中で文法の特質について、最小限に言及している点がよかったと思います。日本語の特徴の最たるものが、助詞・助動詞・動 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■大野晋のあげた日本語の特質:その1

     1 河野六郎のすぐれた論考 何らかの分野・テーマの全体像を探り、その全体像の構築をしようとする場合、その分野やテーマのもつ特質を見出していくしかないように思います。そのとき特質とされるものは、確実なものでなくて … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■杜甫「春望」をめぐって:漢詩の魅力と現代日本語

     1 解釈の変更 一海知義の『漢詩一日一首』は1975年にまとめられた本でした。いまでは平凡社ライブラリーから出版されています。日本人に一番有名な漢詩は、おそらく杜甫の「春望」でしょう。「国破れて山河あり」と言わ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

■日本語の体系を考える:『日本列島の言語』の小松英雄論考から

    1 機能的な記述を可能にした記述法 『日本列島の言語』にまとめられた記述は1989年のものですが、いまでもいくつかの論考を振り返りながら、考えることがあります。たとえば小松英雄による「日本語の歴史 書記」では、そ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする