■ヒラメキと構造: ヒルティ『幸福論』 付加価値を生む仕事・文書 2/2

 

1 プロトタイプアプローチの手法

前回、ヒルティの言葉をもとに、精神的な仕事が進む過程を考えて見ました。すべてを計画だてて、ゴールまで見通した仕事は、陳腐なものに過ぎないという考え方です。ある程度見通しがついた段階から、どう飛躍させるか、これが問題です。

杉浦和史は、システム作りの際、プロトタイプアプローチによって成果をあげてきました[⇒参照]。ある種のヒラメキがきっかけになって、飛躍することができるようです。コメントをいただきました。重要な指摘です。消えないように、ここに記しておきます。

プロトタイプを作ってブラッシュアップしてゆく方法は、プロトタイプという言葉がなかった時代からやってきました。しかし、残念ながら本筋から離れた偶然の発想ではありません。プロトタイプはある目的を持って作るからです。しかし、全てを確定してからではありません。時間が止まっていない限り、そんなことはできません。ある程度見通しがついた段階で、気になっている部分から手をつけます。気になるもの、それはシナリオに乗っているものではありません。ヒラメキです。アッ、あれは!、コレ、ちょっとやってみよう!というものがきっかけになります。しかし、全体構想は持っている必要があります。発散するからです。

2 観念の構造を「見える化」

ヒルティが「抑えがたい気分」といったものは、どんな状態になることなのでしょうか。ある時わかる状態になること、網羅的な体系とは別の、ヒラメキがもとになって生まれる構造です。清水幾太郎は『本はどう読むか』で、「著述家の秘密」を明かしています。

優れた著述家の場合、最初、たくさんの観念が衝突しあったり、牽引し合ったりしながら、一つの大きな全体として存在している。しかし、その段階では、いかに偉大な著述家でも何一つ書くことは出来ない。時が満ちて、それらの観念の間に或る秩序というか、或る構造というか、とにかく、ひとつの形式が生まれるようになると、彼は漸く書き始めることが出来る。いや、書かずにいられなくなる。観念の混沌という全体であったものが、観念の構造という全体に作り変えられて行く。

大きな全体が存在していても、ある秩序ある構造が見えてこないと書けません。観念の構造が見えてきてはじめて、構造を言語化することができるのです。これは、可視化と言わず、「見える化」と言いたい状態です。そのとき、スピードが出てきます。

大部分の人間は、書物や論文を書く場合、相当のスピードで書いているようである。頭の中を飛び交う無数の観念の間に一つの秩序が出来たとなると、そのとたんに、観念の急流のようなものが動き始めて、それを文字に移す手の動きが間に合わないような、そういう気分の中で、私自身、長い間、文章を書いて暮らしてきたし、他の人々の場合も、同じようなものらしい。そうでなければ、文章を貫く一筋の連続性 ―それがあるから、読めるのだ― は生まれようがない。書き上げた文章を念入りに推敲するのは言うまでもないが、書くときは一気に書くのが普通であるように思う。

 

3 よい仕事の進行には緩急がつく

ヒルティが、<手早く仕上げられた仕事が最もよく、また最も効果的だ>と言う理由は、ある種のヒラメキを伴うものの場合、その部分が一気に進むとの考えがあるためでしょう。一気に進んだ部分を持つ仕事が、よい仕事であるということになります。

こうした仕事の仕方のモデルは、すべてに当てはまるわけではないでしょう。それぞれの方法がありますから、少しずつ違いがあるのは当然のことです。しかし、大切なことは、最初からすべてを計画して平坦に進む仕事は、どこか物足りないということです。

想定外のアイデアによって付加価値をつけていく仕事の場合、自然な形で仕事の進行に緩急がつくことになります。最初から進行計画に厳格な枠をはめてしまうと、よい仕事をするのが難しくなる、と言えそうです。

ヒルティの『幸福論』について

 

カテゴリー: マネジメント, パーマリンク

■ヒラメキと構造: ヒルティ『幸福論』 付加価値を生む仕事・文書 2/2 への2件のフィードバック

  1. 杉浦和史 のコメント:

    【手早く仕上げられた仕事が最もよく、また最も効果的】というヒルティの指摘は、過去の経験に照らして言えば、正しいと思います。いわゆる、“乗っている状態”での仕事はそうでした。“下手な考え休みに似たり”とは、よい知恵もないのにいくら考えても、 時間がたつばかりで何の効果もない(広辞苑)と同じことではないかと思います。閃いた時、一気に構想を纏めるわけです。乗っているので、数時間が数日分に相当するくらいの効率を上げられます。クリンチ状態に陥ったか?と思った時には別のことをやります。ある時、今やっていることとは無関係にピン!と来ることがあります。あれだけ浮かんでこなかった実行可能なアイデアがヒラメク瞬間です。その時は、今やっている作業を止めて一気に仕上げます。「神様が乗り移って勝手にキーボードを叩いている」状態になります。残念なことは、その状態を意識的に作れないことです!

  2. 丸山有彦 のコメント:

    コメントに気がつくのが遅れてすみません。あるとき、いままでのものがきれいにまとまって、「いけるぞ」となることは、たしかにありますね。私の場合、書いたものを見返してみると、そう思っただけで甘かったということが、しばしばありますけれども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)