」カテゴリーアーカイブ

■堺屋太一による「知価革命」のエッセンス:『大激震』から

カテゴリー: マネジメント, | コメントする

■ドナルド・キーン教授の日本文学史

カテゴリー: , 言葉 | コメントする

■思想書や哲学書を読む効用:伊藤仁斎を例に

カテゴリー: , 発想法 | コメントする

■例外的な哲学書『方法序説』とマニュアルの構成

カテゴリー: , 業務マニュアル | コメントする

■ヨーロッパ思想の基調音:プラトンとユダヤ思想、そして木田元『哲学散歩』

カテゴリー: | コメントする

■『論語』をどう読むか:古典と向かい合うとき

カテゴリー: , 読解 | コメントする

■名人の「戦略論」:古今亭志ん生『なめくじ艦隊』から

カテゴリー: マネジメント, | コメントする

■須賀敦子と谷崎潤一郎:名文家の文章トレーニング

カテゴリー: 文章, | コメントする

■渡部昇一の代表作『アングロサクソンと日本人』:日本語の文章の情報量

カテゴリー: | コメントする

■星新一の訳した『竹取物語』について

カテゴリー: | コメントする