■述部の再定義:主語中心主義と述部の概念

 

1 主語中心主義の発想

外国人向けの日本語学習テキストを読んでいたら、はじめに述部という用語が出ていました。述部とは、「主語ではない部分」とあります。何だか懐かしい気持ちになる定義です。主語中心の考え方に従うなら、述部をこのように定義したくなるのかもしれません。

実際のところ全ての文で、主語がピタッと決まって、それ以外の部分が「述部」になるということはありません。まず単文が前提のはずです。さらに接続詞を除外します。「今日、私は学校に行きました」なら、「学校に行きました」が述部なのでしょう。

主語があって述部があるという考えから、日本語を体系化して考えているようです。しかし、日本語の特徴は、述部が各要素を束ねる構造になっている点にあります。日本語の構造を考えるとき、述部を中核に考えるべきだろうと思います。

では述部という概念をどう定義すべきでしょうか。簡単には定義できないはずです。その前に、主語という概念がどんなものであるかが問題になります。主語中心主義でないなら、主語をどう位置づけるかが問題になります。

 

2 主体と述部の関係性

私が想定している主語の概念は、述部の主体であるというものです。主語という言い方をするよりも、主体と言うほうがすっきりします。主体と述部の関係性から主体も述部も決まる…と考えます。

需要と供給の関係から取引の価格と数量が決まるように、主体と述部の関係が決まります。「このクリームは肌にやさしい」という文の主語と述語なら、「クリーム」と「やさしい」になるはずです。しかし、「クリームはやさしい」では関係性が不十分です。

主語と述語でなく、主体と述部と考えて、「主体」+「述部」が文になる関係が必要だということです。先の例文の主体と述部はどうなるかと言えば、主体は「このクリームは」となり、述部は「肌にやさしい」となります。

主述関係という場合、①「主体」+「述部」が文になること、②「述部」に対する「主体」の関係があること…が条件になります。こうした発想から「述部」の概念を考えます。この点、「述語」という概念は、不便なところがあります。なぜでしょうか。

 

3 述部の再定義が必要

「話をしました」という場合、これを述部だといえば、すっきりします。「しました」を述語と考えても、あまり意味がありません。独り立ちがむずかしい語の場合、複合化します。それによって、主体が欠落しても述部だけで事足りる存在になります。

「雨が雪に変わる」という場合、述語と言われると「変わる」と言うしかないでしょう。しかし「雨が変わる」というのは不安定です。この場合、「雪に変わる」が述部であると考えると、何が「雪に変わる」のか明確になります。「雨が」が主体となります。

最初の例文「今日、私は学校に行きました」の場合、「私は」「行きました」になります。「行きました」の主体が「私」であるのは明白でしょう。「学校に」は述部の目的地です。行為の文の場合、何をしたかがわかるならば、行為の語だけで述部になります。

行為の場合、「行った」「行かない」で事足りますし、状況がわかっている場面では、「行ったの」「行かないよ」というやり取りがかえって自然です。文末にあって、文の各要素を束ねる安定した概念として、述部の再定義を行う必要があるように思います。

 

【お知らせ】
 

カテゴリー: 日本語のバイエル パーマリンク

■述部の再定義:主語中心主義と述部の概念 への2件のフィードバック

  1. 天井 のコメント:

    ここの切り分けをしっかりしっかりできているとよい文章が書けるのでしょうね。どうも意識が足りずに、結果よい文が書けないでいます。今後意識したいと思います。

  2. 丸山有彦 のコメント:

    述部の定義が、まだ簡潔的確に説明できなくて、反省しています。主述の判別公式を使うと対応関係から、述部がわかってくるのですが、もっと簡単にその他の項目も含めて説明できたら…と思います。たとえば、「彼は授業を抜け出して、遊びに行った」。述部は「遊びに行った」になりますね。こうした点、またあとで書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)