■第一級の作品と上質の二級品の見分け方:飯田龍太の方法

 

1 第一級の作品と上質の二級品

ときどき異分野の人の文章で、アッと思う方法を知ることがあります。飯田龍太『遠い日のこと』を読みながら、これだという方法を見つけました。飯田龍太という名前をご存じない方も多いかもしれません。私も、戦後を代表する俳人だという程度の知識でした。 続きを読む

カテゴリー: 文章, 発想法 | コメントする

■例外的な哲学書『方法序説』とマニュアルの構成

続きを読む

カテゴリー: , 業務マニュアル | コメントする

■ヨーロッパ思想の基調音:プラトンとユダヤ思想、そして木田元『哲学散歩』

続きを読む

カテゴリー: | コメントする

■堺屋太一のプロデュース「成功の方程式」 2/2

続きを読む

カテゴリー: マネジメント | コメントする

■堺屋太一のプロデュース「成功の方程式」 1/2

続きを読む

カテゴリー: マネジメント | コメントする

■『論語』をどう読むか:古典と向かい合うとき

続きを読む

カテゴリー: , 読解 | コメントする

■マニュアル作成の指導者のいない組織:操作マニュアル講座を終えて

続きを読む

カテゴリー: 操作マニュアル | コメントする

■マーケティングの基本と私法の基本構造:「誰が・誰に対して・何を・どのように」

続きを読む

カテゴリー: マネジメント | コメントする

■シュンペーター理論の意義:「良い経済学」の条件

続きを読む

カテゴリー: マネジメント | コメントする

■シュンペーター理論のユーザー:経済学より広い適応領域

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする